デリヘルの禁止行為

真っ先に思いつくのが「本番駄目?」という質問です。
デリヘルでは当然本番行為を禁止しています。

もちろん法律上で制限されているからであり、これはお店が駄目というより、店がその実態を把握していれば店自体が風俗業界から「出禁」になってしまいます。
それ以上にその店では常に指名を取るスタイリストがいるわけで、日々技術の研さんをしながらも悶々とする日々…。
そんな時ふと目にした求人広告のコンパニオンに応募しWワークで始めたところ、カツカツの生活にも潤いがでてきて、生活が楽になったそうです。

一度短時間で多額のお金を稼いでしまえば、なかなかそのことを忘れられないというのは、お気に入りのデリヘル嬢をリピートする気持ちと同様、よくわかります。
つまり最終的にはまた昼の仕事に戻る!と強く心に近い、目標金額や期間を過ぎたらスパッとやめるというような覚悟をもつか、ずっと続ける覚悟を持たなけばならない職業であるといえます。
逆に週1回しか出ないような嬢の場合、いわゆるアルバイト気分でいるようなこともしばしば…。
決してそれ自体が悪いわけではありませんが、サービスを受ける側である我々であれば、よりプロに近い人にお相手してほしいですよね。

最高のサービスを受けるには、人間相手だということを忘れず、相手を尊重することも重要です。
気持ちが乗ってくれば乗ってくるほど、嬢もこの人には頑張ってサービスしようとしてくれるわけです。
逆に嫌がるようなことばかりしていると、サービスの地雷を踏むことになりますから、ご注意ください。



※関連情報
柏崎市やその周辺のデリヘルサービスを検索できます ⇒ 柏崎市 デリヘル